夏枯肌 うるおい






夏の疲れから肌は乾きやすくなります
乾きやすい肌をうるおすには最初に肌を柔らかくする事が必要です

夏枯肌にならずに43歳になっても
4人の子供がいても、GWや夏休みには子供たちと一緒に外出しても
紫外線に屈する事なくますます美しい方がいます

美魔女賞を受賞したことのある宮脇恵子さんは紫外線に負けず健在です
この紫外線が強い季節には外出する歳にはにやけど目や日傘、帽子など「
毎日の美白ケアを続ける事とても大切なんだそうです


美容フリークのひとだとひと手間かけたケアや対策をしているのだと思いきや
実は不要な角質をオフして、肌を整えて美白ケアをしっかりとするだけで
意外にも超簡単でシンプルなケアが美魔女を作っているのだと関心しました


40代の肌はメラニンを含んだ角質でくすんでゴワついているのです。
それは加齢による台車の低下による古い角質がかたまり固くなっているのです


紫外線量の多い夏になると最も角質が厚くなります
紫外線の量と比較して夏は一年中で最も角質が厚くなり肌を守る一方で
汗で潤って見える肌も実はカサつき、くすんだ状態になっているのです


そして、40代の大人の肌は代謝低下によりメラニンの排出が遅くなり
メラニンを含む角質がたまりやすくなり、肌全体がくすんで見えるのです
メラニンを含む余分な角質はザラつきやくすみの原因になります


40代を過ぎた大人の肌には余分な角質を取り除いてから美容成分を
角層に浸透させる事が大切です。